2013年8月11日 (日)

RM2013 行ってきました!

いきなり 電車に荷物が乗れなくて 車での移動に切り替えなど最初からトラブルがありましたが無事に行って帰ってきました。
縦横奥行きの合計が 2m50だと調べてたのですが、駅に行って駅員さんに聞いたら2Mだと言われて、急遽作戦変更! 車での搬入になりました。 どうにかイベントの会場に間に合い(時間が押してたおかげです)無事に会場入り。 持って行ったデカ物一式は入り口横のかっこいい展示ケースの奥におかせてもらいました。

予想より多い、対戦台の数にビックリ! モニターが並んでました。 対戦本当は参加したかったんですが・・・・。 チーム戦だった為断念orz
普通のコントローラでのプレイ回数が数回しかないため、絶対に足引っ張るのが目に見えてるので

そんなこんなで 公開放送も進んで行き(この辺はアーカイブみてください!オレなんかが説明するより、絶対必見)

なによりもFreQuency のライブ!!
ひっさびさの 生ライブ

大好きな「Thinker」 良いですね生で聞けるとは思ってなかった。
この曲が聴きたくて AC4サントラは発売が待ち遠しかった
ライブもアンコールがあったりして惜しまれつつ終了。

あとは 楽屋トーク!! どこまで放送するのか? できるのか?
そんなノリで出演者のだべりトーク。

お酒って怖いですね!! 

そしてクイズ大会へと・・・・
行きのナビで携帯を酷使してしまった為、電池切れでした・・・・・・・

つまり参加できませんでした!!!
まあ、できたとしても後半のあの問題では、運勝負にしかならないので
とうてい勝てなかったでしょう。 ほかの問題ができたかって言われれば、できないものはできない!! あんな数字とか覚えてる方がすげぇぇと 思う

一位の方には豪華絢爛一点集中プレゼントでしたね。
少しくらい 2位とか 3位にも 用意してあげれば良いのにと思う一点集中でしたね

そんなこんなでイベントが無事に時間の延長も無く終了。

オグさんに サインもらいたかった・・・・ (ペンが無く断念。 白マーカー持ってくるべきだったコントローラの前面にサインが欲しかった) 

あんなデカ物運んでるのに。 迷惑顔もせず 手伝ってくれた皆様ありがとうございます。

車 新宿6丁目の駐車場に入れたので、車と会場の移動が面倒でしたが、それが無ければ車での新宿も案外楽だなと。 新たな発見もあったりしたRM2013な一日でした。

2013年7月27日 (土)

アナログスティックの部分

Mzvr5

普通のコントローラのアナログスティックに当たる部分です。

移動方向が 前後と軸を中心とした回転。

この部分の加工が一番面倒です。たぶん
この部分の大半がイレクターなので金属を切ったり穴を開けたりしないといけないので、
手間がかかります。

そして、一番頭つかって構造考えた部分でもあります。
Dsc_0052
↑これは 試行錯誤してる最中です
引きバネで両方から引っ張ってセンターを出す方法だったんですけど。
どうしても大きくなってしまうしバネが見えてるのが良くないのでボツになったや
つだったりします
Dsc_0051

こっちは 回転の試行錯誤してる最中ですね

2013年7月22日 (月)

ユニット 箱作り

ユニット部分の箱制作
厚み2mm塩ビ版でくみ上げて行きます

Dsc_0105

基本となるベース部分に

Na0ue
この4ボタンのユニットを 組み立てて
Dsc_0104

こんな感じになっています。
まだ 実用強度がでてないので 補強とかありますが

Dsc_0106
わかりにくいと思いますが、 試験用のアナログ軸用のパーツをつなげた大まかなイメージ
(まだ配線ようの穴をあけてません)
白い塩ビ版の部分を 前後に動かしたり 回したりします
これの 左右において使うのが今回のコントローラーになります!

固定用のフレームの試作型もできてるんですが・・・デカイので
写真は完成したときまで お預けです

さ~て 間に合うのか? レイブンズミーティングまで

残り 19日? 

注)前のカウントダウンまちがってました

2013年7月20日 (土)

制作の裏で・・・・・

制作をすすめているので AIONは絶賛放置中!!

エリュシオンのどっかで 立ってます
Aion0028

毎日 最低現でシューゴだけ行ってあとは 放置
なぜ落とさないかというと、 悔しいじゃないですか!
なんかあっても INしてなければわからない

なので 絶賛放置中

仮組み

Yt0ux
仮組み(まだおいただけともいう)
全体のバランス確認

スティック前のボタンはお約束!!
実際には 押している時間はあまりないと思われるので、デザインですね

まあ だいたいのロボットものの 操縦桿にはあんなボタンがついているものですから
そこは、付けておかないと!!

位置がだいたい 良さそうなので 配線とかもこれを基本に決めて行きます


机の上が散らかってるのは みないでください。

2013年7月18日 (木)

間違いを訂正

Yhryh昨日発覚した サイズ間違いを訂正 右側ゆにっと 部分の天地を切り出し
ボタンの奥行きと、アナログの検知用ユニットの長さを見誤ってたので。
奥行きをUP 3cm 

次は側壁部分を作って 箱形にします。


3ヶ月も 放置してた・・・

前回から 早 三ヶ月・・・・・・
AION4.0が来てから ずっとそっちやってました。

8月10日に レイブンズミーティング2013が開催されます。
それまでに 完成させて(以下略)
ってことで再開

4月の時点で スティックの軸移動系の仕様がきまってたので
今回は コントローラユニット部分の制作からです

13740777761601
旧作の写真ですが この部分です。

まずは
Dsc_0092
塩ビ版に型紙ならべて 切り出し
Dsc_0093

大まかに 分割今日はここまで・・・


残り15日

2013年4月20日 (土)

前後移動 

Dsc_0054
とりあえず キックバネによる試作品。 かなり すっきりさせることができた。
ただ加工の手間が半端なく増えるのが欠点ですね・・・・
穴あけ位置とか精度が必要なのも面倒です。 

相変わらず 机の上は混沌中です。
いろいろ力加減試してるので バネがやたら転がってます。

今回フレームがイレクターを使ってるので、鉄パイプの加工が多いのも手間取る原因にはなってますけど。 m単価が安いのでしょうがなし!!

試作品でのテストが終わったら本番を作るか、操縦桿ユニットを作るか・・・・


追伸
ACVDのテスト当たらなかった

2013年4月19日 (金)

前後移動とひねり

Dsc_0053
操縦桿ユニットのひねり用の基準位置戻りバネのとりあえずの構造サンプル。
キックバネによって 戻る仕組みになってます。 細かい調整はこれからですけど、構造はこれで行く予定。棒の部分と 一段太くなってる部分が分かれて回転します。

Dsc_0052
そんでもってこっちがユニットの前後移動用のサンプルなんですけど・・・・・
きにくわない!! 見た目が悪い。 
引きバネ2本と軸移動防止のビスの簡単構造なんですが・・・・・・・
サイズが大きくなる点とやっぱり見た目。それと可変抵抗の取り付け位置もきれいにはいかないので。現在 新構造を模索中。

バネの強さはひねりは 強めに 前後は軽めに設定中。



2013年4月17日 (水)

試行錯誤中

Dsc_0051
ねじりの 構造の試行錯誤の様子。 どこにバネを仕込むか、どのバネを選択するか
真ん中近辺のが キックバネを仕込んだ場合で 下段のやつか引きバネをねじる方向に使う場合です。 いかにコンパクトで簡潔にするか思案中・・・・・


«MMOついでに

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31